50歳以上の求人を探すコツ!転職・再就職応援サイト

*

50歳以上の転職で大事な面接について

   

50歳以上の転職は面接が重視される?

 どの年代の採用試験でも、書面や電話の向こうでは分からない外形や表情、そして癖、要するに“素の個性”が分かる面接に重きを置いています。ましてや50歳以上の求人の場合は、高いスキルと引き換えにプライドが高く、自分のやり方こそベストだという過信があったり、柔軟性に欠けていたり、独特の癖を有している者も少なくありません。このため採用担当者にとって決して見過ごすことができないこうした懸念の有無を確かめるためにも面接は更に重要な役割を占めているのです。

 また50歳以上の求人の場合、一般に年下の者が面接する場合も珍しくありません。この時の応対振りがもうひとつ、採否にとって重要な要素となります。これまで多くの部下を指導し、丁寧語や敬語でしか対応されたことのないという50代の者にとって、同じ位置、或いは採用するという一段高い位置からみられる面接の場に耐えられるか否か、そうしたことを図る上でも面接は欠かせないものなのです。期待通りの高度なスキルを有していても、組織体である会社の中で活かせなければ何にもなりません。この人物を採用した場合、そうしたことになるリスクはないか、これを知る上で面接はとても大切な時間なのです。

受け身の面接では採用は難しい?

 受け身の面接。つまり質問されることだけに応え、積極的に質問を返さない。応えの中にチャレンジ精神がみえず、「出来ると思います。」、「経験がありません。」、「よくわかりません。」等歯切れの悪い受応え、積極的な態度が微塵も見えてこない受応えでは、採用されることはまずないでしょう。50歳以上の面接では「分かりません。」、「経験がありません。」等は禁句なのです。

 50代まで意欲的に働いてきた人には自信がある筈です。初めてのことなどそうそうないはずです。仮にあっても、これまでの応用で難なく切り抜けられることが殆どです。むしろ、だから「大丈夫」といった自信、気構えが必要なのです。そうした気構えがないようでは、人件費も高く、高度なスキルを期待して50歳以上の求人を採用する意味がないのです。

 考えてみてください。あなたはとにかく50代になるまでさまざまな職種を経験してきたのです。50代であることがその証拠です。だから自信を持ってください。あなたよりずば抜けた人材は、片手程しかいないと思っていいのですから。

 - 面接の基礎知識

  関連記事

企業が答えにくいことを敢えて尋ね、体質や社員の意思の疎通度を見極める

スタート時の給与額  面接というのは、応募した側も会社のことをチェックし見極めな …

no image
好印象を与えるために

好印象を与えるためのポイントとは?  面接では第一印象が大事になります。50歳以 …

面接対策としてこれだけは押さえておきたいポイント

新聞の「経済面」は毎日読みましょう  採用担当は面接本番中に「今、新聞などでこう …

af0100009123l
面接日の選考で筆記などの試験はあるのか?

面接日の選考で筆記や実技の試験が行われることがある?  今日の就職&転職市場では …

no image
50歳以上の転職と面接のマナーとは

面接の目的  面接の目的とは、①求職者が応募書類に書かれている通りの人物であるか …

面接でやってしまいがちな失敗

自信過剰な態度・発言はタブーです  自信過剰すぎる態度・発言も、自己卑下する態度 …